妊活で韓国ドラマは諦めたけど、子供は授かったので幸せです

da101032s

私は、結婚して3年の30代の主婦です。私たち夫婦は、結婚したらすぐに子供が欲しいと思っていたのですが、なかなか出来ませんでした。

そこで、心配になり2人で病院で検査したのですがどちらの体も問題ありませんでした。

それでは、なぜ妊娠出来ないのだろうと思い、先生に相談すると、妊娠するためには基礎体温を測ることや、質のいい睡眠、食生活の改善、体を温めることなど生活環境を整えることが大切だと教わりました。

それまでも基礎体温は毎日計っていたのですが、それだけでは足りなかったようです。そこで、私は本格的に任活を始めることにしました。まず私は、夜中までテレビ見ることを止めました。

夕食後、お酒を飲みながら韓国ドラマを見ることが1日の中で1番の楽しみだったのですが、早寝早起きが基本なので諦めました。次に食生活を見直しに取り組みました。

任活中は、体を温めることが大切なので、その効果のある食材を積極的に取り入れ、逆に体を冷やす食材は極力避けるようにしました。

そのため毎日3杯は飲んでいたコーヒーもほうじ茶に変えました。また、私は運動嫌いだったのですが、適度な運動も必要なので、毎朝ウォーキングを始めました。

最初は面倒くさいと思っていましたが、実際やってみると朝のウォーキングは爽やかで気持ちよく逆に元気になりました。

これらの事を続けて10か月が経った頃、私は妊娠出来ました。無事出産して今、わが子を胸に抱いています。私にとって任活は、我慢することよりも楽しい発見が多く充実した日々でした。

そして、この子がもう少し大きくなったら、また妊活を始めようと思います。